1999/10/20 

今週は打ち合わせを入れずに、デスクワークに徹しています。
今日はサーバーメンテナンスをして、ネットワーク全体を見直しました。
CGI関連のプログラムを改造したり、調子の悪いコンピューターを再インストールしています。

その間も、昨日から今日にかけて見た夢が気になっていて、文章にしておきました。
面白くは無いので載せるつもりはなかったのですが、その後思い出すきっかけがあったので載せます。

たくさんの人が出てくる夢でした。
僕はいつも通り会社で仕事をしており、デスクにいます。
うちの会社は狭い会社です。パーティーションにすると5つ入れるのがやっとでしょう。
台所があり、女性が洗い物をしています。こちらから見ると頭だけで、誰だか分かりません。
他のパーティーションにも人はいますが、それも見えません。
少女が一人パーティーションに入ってきます。僕は「ここに来ちゃだめだよ」と言います。
それでも入ってきて、カーペットでいきなり熟睡してしまったので、
それを隠すように布団をかけて、仕事を続けます。
友人が二人やってきました。一人はピアノを弾き、もう一人は奥からバイオリンを取り出して、
二人で演奏を始めました。僕は少女が起きるから止めろと言いましたが、続けていました。
僕は二人に振り返りもしないで、仕事を続けていました。
二人は帰り、少女が起きると、少女と屋上に上りました。
するとエレベーターで管理人が焦っているので、どうしたかと聞くと、屋上に殺人犯が
いるということでした。
僕はその時屋上に会いたい人がいるという確信がありました。(殺人犯とは別に)
心配になって、3人で屋上に上りました。
屋上は既に人だかりになっており、明るくて狭い通路のようになっていました。
向こうのドアが開いて、殺人犯が入ってきます。僕は少女を後ろにあるドアから避難させました。
殺人犯はナイフを持っていました。僕の知っている人です。
管理人は震えて、僕の隣にいたギャラリーの一人を殺人犯に差し出しました。
その一人は僕と同じくらいの若者で、すぐに殺されました。
そのうちに、僕が会いたかった人が、殺人犯を捕らえました。
管理人は打って変わって殺人犯に侮蔑の言葉を吐きました。
(僕は、「こんなことは前にもあったな。夢で見たのかな」と思っていたんです!)

そこで、夢が覚めました。今から考えると、キャスティングが明らかで、笑いました。



<前へ  次へ>

INDEX

AliceGallery StrataDictionary

(c) 1995 - 2018 AliceGallery