1999/06/23 
The giving tree
Kさんは得意先の部長で、とてつもなく偉い人です。
今日飲みに行き、Kさんは隣に座ってこう言いました。
「今度、娘も独り立ちしたし、私の役目は終わったような気がする。私にはもう何もないよ。」
なんでそんなことを言ってきたのかな。お父さん。酔ってますね。
ちょうど良い。明日、小さな友人にあげようと思って買ったこの本を、お父さんにあげよう。
その本の名は邦題を「おおきな木」といい、結構有名な古い絵本です。
酔っていたので、暗がりの中、カバンに入れました。「おお。娘にあげるか。」
娘はもう大きいんでしょ。

このモラルの用意されていない国で、忙しい大人達にこそ「絵本」が必要なのかもしれないです。



<前へ  次へ>

INDEX

AliceGallery StrataDictionary

(c) 1995 - 2018 AliceGallery