2004/05/30 

誕生日がやってきました。おめでとうPchan。ありがとう。(セルフお祝い)
なんと28歳ですよ。もう本当に大人と勘違いされがちな年齢。
「これがいいな。あれが楽しそうだな。」と、
相変わらず有楽町あたりをうろうろ。秋葉をうろうろ。池袋をうろうろ。
大体、大人になるのは女性だけで、男は一生大人になれないんじゃないでしょうか。
(あ、なんかありがちな媚び。)

いやはや。

さて、一人一人が特別な思春期を迎えて、「僕は何のために生まれてきたか」とか、
「生きるために何をすればいいか」とか、長い期間ずっと考えるのだと思いますが、
僕はこの頃、「僕は何で僕になったか」を考えます。
まあこれも既にみんな考えすぎて、既にカビの生えた悩みですが、やっぱり悩みます。
僕の個性は、どこでどのようにして作り上げられたのかとか、
その枝分かれの「瞬間」はいつだったのかとかを考えたのち、
最後には、「何で僕は今、僕をしなければいけないのか。」に到達します。
もちろん、僕は僕が嫌なわけじゃなくて、むしろ気に入っていますが、
つまりなぜ「あなた」は「僕」ではないのか。いやいや、それはまあわかりますが、
うーん。「今の僕は、昔の僕の延長線上にあるのか。」ってことです。
つまり、僕の過去は、今の僕が僕の過去だと思い込んでいるだけであって、今の僕にとって、
実際は、他人の過去なんじゃないかなと思うわけです。そして今の僕は知らず知らずのうちに死に、
新しい僕がまた僕の人生全てを自分のものだと思い込んで「生き紡ぐ」わけです。

そんな怖い夢を良く見ます。

だって昔の僕の肉体と、今の僕の肉体をつなぎとめる証拠なんて、どこにも無いでしょう?



<前へ  次へ>

INDEX

AliceGallery StrataDictionary

(c) 1995 - 2018 AliceGallery