2003/10/19 


秋葉を自転車ぷらぷら転がしていたら、ヤマギワの前でドビュッシーの「夢」(Reverie)が聞こえてきました。

バイオリンの生演奏でした。

この曲はとても聴きやすくて良い曲ですが、ドビュッシーの楽曲の中ではあまり知られていない曲です。

ドビュッシーはこの曲が気に入らなかったらしく、のちに出版の差し止めを願い出ています。

ショパンが幻想即興曲を気に入らなかったのと同様、少し安っぽくなってしまったからかもしれません。



どんちゃかとドラムっぽい伴奏をバックでかけていて、ちょっとアレンジしているようでした。

とても上手で、うれしくて最後まで聴きました。

曲が終わったあと、「この曲はこのCDの1曲目に入っている"ファンタジー"という曲です。」と、紹介されました。

その後、2曲目が始まってすぐに立ち去ってしまったのですが、確か、がらっと雰囲気が変わって、

流行りの曲のアレンジだったと思います。

ショートパンツで露出度の高い衣装のカナダ帰りの女の子でした。

ごついカメラで秋葉陣に写真を撮られていました。




ドビュッシーは、僕の最も好きな作曲家です。

ただ、人に勧めてもあまり掴みは良くないので、

ついショパンとか、チャイコフスキーとかを勧めています。

布教活動はまた今度します。興味がある方は「ベルガマスク組曲」(クラウディオ・アラウ演奏のやつがよい)

だけでも聴いておいてください。






<前へ  次へ>

INDEX

AliceGallery StrataDictionary

(c) 1995 - 2018 AliceGallery