2002/11/29 

インターネットが、人類の持つ共通の脳だと言う考え方は間違っているでしょうか。
個人と個人が、情報をやりとりすることに制限を持たせる事が全く無ければ、
これはもう共通の脳を持ったと定義づけてもいいと思います。

共有脳の新しい人格が生まれています。
・即座に連絡できるようになる
・特定のシナプス(個人)が持っている知的財産は侵せないことにする(著作権など)

個人の脳の中で行われている通信が、個人間で行われることになります。
著作権についても、現在問題になっていますが、技術的に、完全に匿名でネット上にデータを流すことが
出来るようになってしまえば、いやおうなく完全な「脳」が出来上がります。
他のプロトコル(HTTPなど)を巻き込んで、共に暗号化し、その機能をルーターレベルに装備すれば、
それは実現可能です。

そうすると、個人脳の中で行われている戦い
「どのように自分自身(脳細胞のもつ方向性)を採用させるか」
が焦点となり、文章、映画、音楽、その他著作権は、洗脳のためのCMとなります。
お金がかかって面白い映画はなくなってしまうかもしれませんが、その分、
他のことにお金が使われ、面白いものが出てくるかもしれません。

余談ですが、現在問題になっているネット上での著作権侵害について、
見ていると、結局は自分の利権を取り合っているに過ぎません。
しかも双方、既にやりすぎな面があるので、収拾がつきそうにありません。

僕はといえば、このようなものを見て、だれしも思考順を持っているということを再確認します。
やみくもに殺人者を助けたりせず、健全に利権争いをするところが、
今日も変わらず人間は素晴らしいと思う理由です。



<前へ  次へ>

INDEX

AliceGallery StrataDictionary

(c) 1995 - 2018 AliceGallery