2002/11/13 
At The Tokyo
一昔前、地方からやる気のある者が上京してきて、それにより東京は満たされた。
地方の町・村などから東京に出ようと言う決意は並大抵ではなかっただろう。
だから当時の東京は活気に満ちていたと思う。

それから、何年か経ったのだと思う。
当時の若者は老いて、子供に夢を伝えることができた者もいるし、できなかった者もいる。

後者の子供である、僕をはじめとする大部分の者は、気づくと東京にいて、
いつのまにか、首都を形成するパーツになっている。
別にやる気が無くても、池袋の公園のベンチに座り、
サンドイッチを食べ、アルバイトニュースを読む。
休日は電気街を徘徊し、悪気なく時間を浪費する。

よく、「今の若い者は・・」等と言われるが、(実際はあまり聞いたことがないが)
実際、昔東京にいた若者と、今東京に居る若者は、
やる気の質が違うのだろう。
やる気が無いわけではなくて、普通の東京村民なのだと思う。

例えば名古屋に遷都したとして、東京村民のうちのどれだけが、
継続して経済の中心で自分の力を試したいと思い、移り住むだろうか。
結構少ないのではないだろうか。

僕は今日、引き続き首都に住む資格について自問した。

遷都:首都を他の地へうつすこと。



<前へ  次へ>

INDEX

AliceGallery StrataDictionary

(c) 1995 - 2018 AliceGallery