2002/07/29 

いろいろ考えていたら、夢を見た。今日の夢は印象的だった。

僕は毎日、3人の友人に電話をかけていた。

ひとりは彼の方から電話をかけてくるときもあった。
彼には彼の趣味が、僕には僕の趣味があったけれど、
それとは関係なく、電話をし、電話を待った。
だから彼とは気が合ったと言える。

あとの2人は彼らの方から電話をかけてくることはなかった。

そのうちの1人とは趣味が合った。
僕は一方的に電話をかけ、遊びに行ったり呼んだりした。
僕は一方的に楽しかった。相手の気持ちはわからないけれど、
彼も気が乗らないとはそれを断ったし、僕もしつこくは誘わなかった。
だから僕は電話をかけることを続けた。

もう1人とは趣味が合わなかった。

いや、確かに一時期は趣味が合ったのだけれど、
僕はそれを止めてしまった。
僕は趣味が合わなくても電話をするように努力したけれど、
その努力はそのうち途切れてしまった。
その友人はその後も、何かの機会に会うと電話番号を交換したけれど、

その友人はあいにく僕に電話をかける役ではなかったので、
連絡はやはり無かった。

そのようにして、自然に僕の周りは僕と趣味や気が合う仲間ばかりになった。
こんな夢を見ても、僕は動こうとはしない。
電話を待っているわけでもない。



<前へ  次へ>

INDEX

AliceGallery StrataDictionary

(c) 1995 - 2018 AliceGallery