2002/07/18 

目覚める前には夢を見ていた。
僕はいつもいつも、変な夢を見る。
もし僕の友人が本当のことを打ち明けてくれているなら、僕が人と違うところは
唯一、毎晩毎晩はっきりとした夢を見て、それを覚えているということだろう。

僕は子供で、友人たちも子供だった。
僕らはあまりにも遠浅の夏の海で遊んでいた。

僕にはその海で好きになった少女がいたけれど、
僕はその少女とは縁がなかった。

僕は友達に愛のかたちについての選択を迫られた。前にもそんなことがあったとも思う。
夢の中であったのか、現実であったのか。
そしてそのように思い出したのは夢の中でなのか、それとも目覚めてからか。
とにかくその結果、僕はその子を誘ってみることになった。

その子は別にかわいい訳ではなかった。
現実のどの女性にも似ていなかったし、
今までに出合った事のない性格だった。
そして、聞いたことのない喋り方でもあった。

僕はうすうす夢だと気付いていたけれど、あえて紳士的に話し掛けようとした。
しかし、彼女に一歩近づくごと、世界が暗転していった。
僕は危なげにして、進むのをためらった。

すると彼女の方が僕に気付いて、どんどんやってきた。
世界は暗くなり、暗雲は渦を巻いて、彼女の顔には気味の悪い目だけが
僕を睨んでいる。

僕は驚いて起きてしまった。

今日は友人のところに行った。
僕が無闇に核心に迫ろうとしたので、少し戸惑わせてしまった。
昔の景色、いくつかの駅、僕が僕になる前のこと、そして、黒い穴のことを話した。
友人はそれらを丁寧に捉え、意見を述べた。

友人は僕を祝わないことを僕に言った。軽い食事をして別れた。



<前へ  次へ>

INDEX

AliceGallery StrataDictionary

(c) 1995 - 2018 AliceGallery