2002/04/16 

しかし片手間にだけれど、15年間望みつづけていたことをあきらめた。
僕は楽観主義で、本当に欲しいものが手に入ったためしも無いくせに、
僕の進むレールの延長線上にその幻を見ている。未だ見ている。
しかしこの調子で、ここ数年で、断続的にいつくも諦めなければいけなくなるだろう。
僕はどうでもいいものばかりを作りつづけ、それで自分の周りを固めている。

だから諦めなければいけないのだろう。いやそれとも決して諦めたらいけないのか。

いやいや、そんなことを考えるのも、この15年越しの呪いのせいだろう。
全くお恥ずかしい話だ。

なんだか改宗するような感じだ。

この日はとても風が強かった。



<前へ  次へ>

INDEX

AliceGallery StrataDictionary

(c) 1995 - 2018 AliceGallery