2001/12/03 
A life is only love (core theory)
午後、打ち合わせをしに新宿へ。
その後、結構大人数で飲みに行った。これは忘年会だ。
会場はすごくうるさくて、目の前の人の会話がかろうじて聞き取れる程度だ。

好きなタイプと嫌いなタイプを聞かれた。
自分に興味を持ってくれるというのは嬉しいことだ。
だから今日は口数が多くなってしまう。


人は大抵、その理性で考えて、友人を幸せにしようとするだろう。
理性で考えて友人を幸せにしようとするのは、自分も幸せになりたいからだ。
どちらにしろ、結果、彼は友人の笑顔を見ることになるだろう。
それをするうち、大切なものに気付くだろう。自分の幸せとは何かに気付くだろう。
そして、何もないところから幸せが生まれるようになるのだろう。
それはとても美しく見えるだろう。だからそれは好きだ。

会いたいとか、一緒にいていいですかとか、
人ごみであなたを見つけた瞬間笑顔になるとか、
それは好きだ。
僕は内臓を打ち破られても、その気持ちに応えたくなるだろう。
たとえ毎日が忙しくても、もう大切なものの順番を取り違えないように。


そこまで言うと、新しい友達はそこまでの感想を言ってくれた。
「#%&’”%&$%!!」
僕は続けた。


僕は友人をわざと傷つけようとはしないだろう。
それでも友人が傷ついてしまうのは、僕がバカだからだ。
だから僕は、僕のバカなところが嫌いだ。
同じような、他人のバカなところも嫌いだ。

わざと友人を傷つけようとするのは、自分が幸せになりたいからだろう。
それならばまだましだ。幸せの絶対量は減らないから。
でも、バカはそれによって幸せにはならない。
世の中から幸せを消し去ってしまうだろう。だから嫌いだ。

そして僕は一生の間、全てのそれを改めようと努力するだろう。

世の中の本当の幸せのストリームを学ぶことは非常に困難なことだろう。
しかし、逆を言えば、人生なんて「それ」のみだろう。

関係ないだろうとか、放っておいてくれとか、それは嫌だ。
僕は黒い穴に落ちて、淋しくて一人で泣いてしまうだろう。


お酒のせいで、僕も新しい友達も顔が赤い。
夜を楽しむなんて久しぶりだ。僕は今幸せをもらっている。



<前へ  次へ>

INDEX

AliceGallery StrataDictionary

(c) 1995 - 2018 AliceGallery