2001/11/22 
A life is only love (raise a question)
友人が僕に相談をした。それは次のようなものだ。

恋愛に失敗したら、新しい恋愛を探していいのだろうか。
僕がAを熱烈に愛して、それに失敗したら、
Bに乗り換えていいのだろうか。
もしそれが許されるならば、Bのことを思えば、
Aのことを嫌いにならなければいけないのだろうか。
果たしてそれはできるのだろうか。
できるとしても、こんどはBにふられたらBを嫌いになることを
前提にBと一緒にいるのだろうか。それを僕は必ず意識してしまうだろう。
また、もしBを愛することが許されないならば、
一生Aのことを愛し続けていいのだろうか。

もしBと一緒にいるある日、Aが公園で泣いていたらどうしようか。
それまでもう何年もAとあいつは共にいて、同じ記憶を作ったはずで、
それをなくしてAが泣いていたら、僕はどうするんだろうか。

「なるほど。なるほど。困るね。」
「その涙が君を少年に戻してしまったらどうしようか。
あの時のように、野良犬からAを守る、小さく無謀な少年に戻したらどうなるだろうか。」

「一緒に泣くだろうか。」
「弱いふりをするだろうか。」
「都合のいい言葉を探しはじめるだろうか。」

「性別があるから、人間は最も大切な人間1人のみしか、守ることができないのだろうか。」

ベストCDには19曲目。「夜の芝生」



<前へ  次へ>

INDEX

AliceGallery StrataDictionary

(c) 1995 - 2018 AliceGallery