2000/12/06 
Ganzanderheit
渋谷の町の中。高速の近くにある友人の家でなんとなく過ごしました。
ピアノがあったのでミンストレルを弾きました。相変わらず上手く弾けませんが、
本物のピアノで弾いたのは初めてで、音が良いので今日のところは満足しました。

僕が弾き終わると、彼は独自のニヒリズムを説きました。
形而上学的存在の問いかけから、この町、「われわれ」の生活、
文化を踏まえて束縛された世界観と現象の意味、
人間が連ねる愚問の階層構造、目的と義務
を述べたのち、「いかなる理論も仮説である」としました。

僕はもう一曲、好きな曲を弾いて、久しぶりのピアノを堪能していました。
その後、二人でおいしい焼肉を食べて別れました。

ニヒリズム:nihilism:虚無主義:nihilはラテン語で「無」という意味。
全てのモノや組織は実在が証明できず、価値(良い、美しい、正しいなど)もまた
信用できないということ。
形而上学的:metaphysic:無形のもの。真偽よりも上層にあるもの。
この世界の絶対的姿と、それを人間が認知した結果である姿との
差であるかもしれない。
参考>コギト、コギト論証


12/6 Shibuya


12/6 Shibuya



12/6 Shibuya


12/6 Shibuya



12/6 Shibuya


12/6 Shibuya



<前へ  次へ>

INDEX

AliceGallery StrataDictionary

(c) 1995 - 2018 AliceGallery