2000/09/19 

メダルゲームを再びやりはじめました。
というのも、昔作ったメダルのホームページが残っていて、
それをサーチエンジンで見つけた方からメーリングリストへのお誘いがあったからです。
これを機にちょっとやってみようかなと。

メダルゲームは店全体の出具合と引き際の見極めです。
比較的出る地元のゲーセンで、2000円で始めました。

すると、昔の友人にばったり会いました。「何?XXもメダルやるの?」
「久しぶりだけど、ちょっとね。」2人でポーカーに並び、3枚BETで開始。

「仕事は?確か自動車関係に?」
「ああ、やめた。」
「何で?」
「なんかね。ウマが合わないっての?上司とさ。」
「ふーん。まあ難しいよな。」
「ああ。一番辛いパターンだな。はは。」
「よし。ジャックなら押せ。」
「トライ6、1536。来い。来い。」
「祈れ」(Pchanのメダル中の口癖)
「あー負けた。」
「勝ち負け無しだ。」
「そうだな。次は当てるぞ。」
「お、こっちも384まで来た。」
「次くらいでやめといたほうがいいぜ。」
「いや、外れるまで押しちゃうんだ。結局。」
「そうなんだよな。」

幼稚園から一緒で、いじめっ子に一緒にいじめられたこともある。
一緒に川を下った日もある。誕生日に呼ばれたこともある。
いつでも君がよく考えて、よく努力して、何事も乗り切ってきたことを僕はよく知っている。
今一時的にちょっと調子が悪いけど、心配するまでもないでしょう。

その後、適当に飯を食べて別れました。



<前へ  次へ>

INDEX

AliceGallery StrataDictionary

(c) 1995 - 2018 AliceGallery