2000/03/18 

物心ついたときから行っている、この日記にも何回か書いたステーキ屋のマスターは
田舎の母が病気ということでこの街を去りました。まったく、絵に書いたような話です。
おいしいワインを一本開けて、名残を惜しみました。僕は普段あまり飲まないので、顔が真っ赤です。
帰りに、ポインセチアを一鉢もらいました。



<前へ  次へ>

INDEX

AliceGallery StrataDictionary

(c) 1995 - 2018 AliceGallery