1999/10/26 
Eternal life
永遠の時間があると思っていたから、小学生の頃とかはあんなに時間が経つのが遅かったのだな。
と、思ってみてもいたんですけど、あと70年生きるところが、60年に減っただけで、
残り時間はそんなに変わらないんですね。ただ、人生の終わりを想像する理性が無かっただけで。

もし本気で使えば、思ったより時間はたっぷりあって、「もし、永遠に生きられるならば
これもやってみる」ってことを、どんどんやってみれば、何でも出来ちゃうようになるのかもしれない。
人生が短いと考えるほど、刹那の楽しみを欲してしまうような気がします。
適当に暇をつぶしても、人生の終わりはそう簡単にはやってこないなと考えました。
そして、今自分にあるもので、良かったと思えるものは、みな、時間をたっぷりと使ったものばかりです。

目標や夢があって、それがずぅぅぅっと向こうの方にあっても、そこまでたどり着くのに
必要な通過点と道筋を設定して、今の自分からのどうやって歩いていくかを考えることが重要だなと思いました。

あ、そういえばこの人、80歳まで生きるつもりだ。



<前へ  次へ>

INDEX

AliceGallery StrataDictionary

(c) 1995 - 2018 AliceGallery