1999/10/02 
In fact, the one who is lonely is pitiful.
人類が60億人を超えて数ヶ月が経った。
いたずらに命を生み出すことは良くないことだが、命を助けることはやはり良いことだ。
それはここを、死が蔓延した星にしたくないという思いからでもある。
しかしこれからは命を救うことが、他の人間の命を脅かすということが切実に起こってくるわけだ。
でも、恵まれた環境にいて、そんな余裕の固まりのような思いを浮かべている間も、
同じ感情の動物が、死の危険と隣り合わせに毎日を過ごしている。逃げまどったり、泣いたりする。
高ぶる気持ちを抑え込むように、コンビニの募金箱に小銭を入れた。

僕が馬鹿で馬鹿でしようが無くて、情に流されやすくて、このコーラを我慢するだけで、
どこかの子供達に鉛筆と紙を渡してもらえるなら、僕や、世界人類全員も、馬鹿でいて欲しい。
と、また自分を正当化してしまう。

「ボランティアなんて嫌い」と軽々しく言う者もいる。
死ななければそれなりの楽しみもある。僕らは彼らを見て、相対的に不幸と定義付けているだけだ。
僕らの国は苦労してこの地位を勝ち取ったのだから、それなりの見返りがあるのは当然だ。との見解もある。
しかし、僕らの親の世代(団塊の世代)は戦後、東京オリンピックの年までに、
unicefという団体の手によって、当時の金額で65億円程、援助を受けていると聞いた。
だから、この小銭は意味のないものではなく、私たちを生かそうとした心ある者に対して行える、
数少ない礼の表し方でもある。
と、手際よく言い分けした。

でも、日本がまたいつかぐしゃぐしゃになって、unicefが食料を持ってきたとき、
僕はそれを理由に「ありがとう」といって、素直にそれを食べることが出来るだろうか。
本当はそんなこと関係なく、日々保身しまくって、上手く生きていたいだけだ。

夜から友達が来る。今月の中旬にはもう2が出るのにAoE。
何なんだろう。



<前へ  次へ>

INDEX

AliceGallery StrataDictionary

(c) 1995 - 2018 AliceGallery