1999/06/26 
it was boring
昼起きて、HATTERが来る。
ハードディスクを買いたいというので、買いに行く。
外付けで13G、35000円。安くなったなー。

その後、秋葉原から御茶ノ水まで歩く。
運動不足のPchanにはきついですが、たまにはいいかな。
HATTERは度が入った水泳用のゴーグルを買っていました。
Pchanの興味は、そのスポーツ用品店の制服である、「途中で切れているネクタイ」でした。

そのあとファミレス(デニーズ)へ。HATTERはクリームソーダ、
Pchanはクレームブリュレ、(コージーコーナーのやつが本当はおいしい)
を食べながら、今のHATTERの悩みについて話す。
色々と話をして、まえ~に友人が言ったことを思い出しました。
それは、君は何のために生きているの?という質問への答えです。

僕だけではないけど、生きるために行動している。
何のためにか生きようと考えることは、暇な金持ちのすることだ。
貧乏な僕たちは、少しでも毎日豊かに生きようとすることで必死なのさ。
その貧乏な暮らしの中で、下らないと思うことは下らないし、
意味があると思ったことは意味がある。
どれだけの金持ちでも、楽しいと思ったら楽しいのは確かだし、
つまらないこともまた然りだ。
そう。そういう感情自体、絶対的な優劣をつけられないからね。
人間のどんな行動に意味があるのかを定義づけるのも、人間自身なんだよ。
考えて考えて、人が人を見つめるほどに、本質的には人間がつむじ風のように
気まぐれに発生したことと、その存在意義の無さを思い知らされる。
私たちに使命などない。見つめてくれる誰かもいない。ドラマチックな展開もない。
人類は宇宙の遊びだ。遊びに、責任ある結末など用意されるはずもない。と。



<前へ  次へ>

INDEX

AliceGallery StrataDictionary

(c) 1995 - 2018 AliceGallery