1999/06/15 
The supposition of one day
ふっと目が覚めて、腕を自分の体で押しつぶして寝ており、血が止まっていることに気づきました。
よくあることです。
腕が重く、ぴりぴりと感じて、さっと体を起こしました。
結構しびれて、感覚がほとんどなくなりました。手が切れてしまったらこんな感じかなと
思いました。ある程度まではすごく痛くて、感覚が重くありますが、急に何もないことに気づく。
例えば、脳で同じ事が起きたら、少しずつ意識の電圧が下がって、死ぬのかな。



<前へ  次へ>

INDEX

AliceGallery StrataDictionary

(c) 1995 - 2018 AliceGallery